2015年01月05日

『「フルベッキ写真」の暗号』斎藤 充功



大変面白く、読み始めたら途中で止められない歴史ミステリーものでした。

歴史好きな人、特に幕末史が好きな人達の間では有名な「フルベッキ写真」という、不思議な写真があります。

一組の西洋人の親子と、それを囲む44人の若き侍たち。

この写真には幕末から明治維新にかけて活躍した英傑達の若き日の姿が映されていると言われてきました。

西郷隆盛、大久保利通、中岡慎太郎、坂本龍馬、伊藤博文…。

しかしそのような写真を撮影することが可能だったのでしょうか。歴史研究家たちや推理作家たち、あるいは在野の研究家たちは様々な推理や検証を行い、この写真の謎に迫りました。

しかし謎は深まるばかりです。そして謎が深まった頂点に、この写真にはさらに大いなる謎の人物が写っているとの説が流布します。

それこそ、後の明治天皇となったとされる大室寅之祐なる人物が写っているという説です。

この謎は、明治天皇が孝明天皇の子息では無いという替え玉説、そして孝明天皇は伊藤博文に暗殺されたという説、そして現代の天皇は実は北朝では無く南朝であるなどなど…。

確かに私も以前から不思議に思っている事実がありました。

それは皇居に楠木正成の像があることでした。

「北朝にとっての朝敵である楠木正成が何故ここに?」

本書は伊藤博文を暗殺した(実はそれも怪しいことが本書で分かりますが)安重根が処刑される前に語った伊藤博文の罪についての謎解きのために、著者が自らハルビン駅を訪れるところから謎解きの旅が始まります。

長い旅ですが、あっという間に読めてしまいます。

あまりに急いで読んでしまったため、どのように謎が解かれていったのかを忘れてしまい、もう一度読まねばならなくなっている状況です。

幕末の歴史に興味が有る方、天皇家の謎に興味がある方、歴史小説が好きな方、ミステリーが好きな方──本書は眠れない夜を保証してくれることでしょう。


posted by しげぞう at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。